ついに!! コペンより約130kg軽い事の凄さ – プロバイルblog – PROVILE

お待たせしました!!

長かったというより、予想以上に面倒で余分な回り道をしてしまいましたが、

トコットアバR(5MT/KF-VET)の中身がようやく完成となりました☆

今時の車らしくタービンは随分と小さいノーマルのまま、マフラーも純正のまま、

L550S改
メーターも、純正でタコメーターを内蔵してるLA400になったので言わば中身はLA400コペンのノーマルな感じですが、

コペンより車重がかなり軽いので、軽快感が段違いです!
(安全面に関して現行基準のボディなのに軽量ってところが素晴らしい)

参考までに、自社のコペンローブ(5MT、ノーマル)は
画像の説明
850kgですね。

それでは、ダイハツの代表格的なタントやムーヴも交え、トコットと比較してみましょう。

車重比較(全て車検証記載値、全てFF)

車名 型式 エンジン ミッション 車重
コペンローブ LA400K KF-VET(ターボのみ) 5MT 850kg
コペンローブ LA400K KF-VET(ターボのみ) CVT 870kg
ムーヴカスタムX SAⅢ LA150S KF-VE(NA) CVTのみ 830kg
ムーヴカスタムRS SAⅢ LA150S KF-VET(ターボ) CVTのみ 850kg
タントカスタムX SAⅢ LA600S KF-VE(NA) CVTのみ 940kg
タントカスタムRS SAⅢ LA600S KF-VET(ターボ) CVTのみ 960kg
ミライースG SAⅢ LA350S KF-VE(NAのみ) CVTのみ 670kg
ミラトコットG SAⅢ LA550S KF-VE(NAのみ) CVTのみ 720kg

画像の説明
まず、この時点でこの中ではトコットがかなり軽い部類である事が判ります。(車検証は年式こそ違いますが同じG SAⅢで同じ車重です)

(ミライースはもっと軽いですが、そもそもトコットのフォルムが気に入ってのアバR化の話なのでこの場では一旦置かせてもらいますね)


そして昨年、トコットを5MT化して公認車検を受けた際に軽自動車検査協会で測定(計算)してもらった時の車重は、、、

車名 型式 エンジン ミッション 車重
ミラトコットG SAⅢ LA550S改 KF-VE(NAのみ) 5MT(化) 700kg

LA550S改-MT
700kgに減量!!
(もちろん、ナビやパノラマパックやシートヒーターなど快適装備は一切外さず)

それからターボ化(KF-VET化)したので若干増えているでしょうけど、同じKFエンジンどうしですので公認車検が必要なく測定はしていません。

ですが、タントやムーヴなどKFエンジン搭載車でNAエンジンとターボエンジンでの車重差はいずれも大体20kgほどなので、ほぼ同じ条件が当てはまると仮定すれば、

700kg+20kg(ターボ化)=720kg と予想されます。

現在、「KF-VET&5MT」の条件で唯一比較可能なのはコペンだけですが並べてみましょう。

車名 型式 エンジン ミッション 車重
コペンローブ LA400K KF-VET(ターボのみ) 5MT 850kg
ミラトコット アバR LA550S改 KF-VET(化) 5MT(化) 720kg(予想)

MTどうしでも130kg差!!

そして、CVTしか設定が無いので比較対象とはしづらいですが、先ほどの比較表の中で一番重いタントカスタムのターボ(CVTのみ)車との比較に至っては、何と240kg差!!

画像の説明
同じKF-VETと言っても、如何に軽快に走るか数字だけでも伝わるかと思います。

(ここでもミライースならさらに軽快になるんじゃないか!?とか言う声が出そうですが、最初にお伝えしたとおりコンセプトが違うのでこの場では置かせてもらいますね)

レスポンス良く高回転までメチャ気持ち良く走ります♪

高速巡行も余裕♪

燃費も良いし、4ドアの使い勝手の良さは特権w

車重が軽い分、ブレーキの負担も少なくなります。

この辺りの感覚の事は言葉では伝わらないので、

乗ってみてもらうのが一番です。

(最後の詰めの過程で、想定外の難解ポイントや機能の変更点など、グレードによっては現段階の私どもの知識と技術ではクリア出来ない部分も判りましたので、当初考えていたコンプリート販売の仕方は少し変更させていたいただこうと思います。すみません。)

そして、ほぼ純正部品で構成したので、もしトラブルが起きても、

  • 修理スキル
  • 消耗品の交換サイクル
  • 部品調達の容易さ

などもほぼ純正そのものと言えるかと思います。

本気の方はまず見てもらって聞いてもらって、試乗してもらってから判断していただく方が良いかと思います。

トコットのノーマルに比べると、余りある感動が味わえるかと思いますよ♪

今の状況(コロナ)ですので試乗は条件付きじゃないと難しいですが、コレは体感していただきたいですね♪

最後にもう一度、一覧をまとめておきます。

車重比較(全て車検証記載値、全てFF)

車名 型式 エンジン ミッション 車重
コペンローブ LA400K KF-VET(ターボのみ) 5MT 850kg
コペンローブ LA400K KF-VET(ターボのみ) CVT 870kg
ムーヴカスタムX SAⅢ LA150S KF-VE(NA) CVTのみ 830kg
ムーヴカスタムRS SAⅢ LA150S KF-VET(ターボ) CVTのみ 850kg
タントカスタムX SAⅢ LA600S KF-VE(NA) CVTのみ 940kg
タントカスタムRS SAⅢ LA600S KF-VET(ターボ) CVTのみ 960kg
ミライースG SAⅢ LA350S KF-VE(NAのみ) CVTのみ 670kg
ミラトコットG SAⅢ LA550S KF-VE(NAのみ) CVTのみ 720kg
ミラトコットG SAⅢ LA550S改 KF-VE(NAのみ) 5MT(化) 700kg
ミラトコット アバR LA550S改 KF-VET(ターボ化) 5MT(化) 720kg(予想)
車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら