デフマウントカラーTYPE-3追加と、価格改定のお知らせ。

ダイハツ後輪駆動車に人気のデフマウントカラー。デフロック装着時の不快なジャダー低減効果も大きく、ドリフトだけじゃなく人気パーツとなっています。

このデフマウントカラー、取付は比較的簡単な圧入作業なのですが、TYPE-2が適合するはずのL285のユーザー様から「どうしても取付出来ない」と言った声をいただいた事がきっかけで調査してたところ。何とL285はM/C前後でブッシュ形状が違う事が判りました。
(ダンパーの取付位置が違うので、言われてみれば気付きそうなものですが、285は1種類だとスッカリ思い込んでいました(^^; )

そこで、M/C後に適合するTYPE-3を新たに設定しました。
TYPE-2までと違い、加工工数が多いので価格も上がっていますが、これでスンナリ取付出来ると思います。TYPE-2を無理やり装着した方、苦労をおかけして申し訳ありません。。。

また、TYPE-1もTYPE-2も価格改定させていただいてますので、下記リンクよりご確認ください。

デフマウントカラーの詳細、見分け方



商品の購入はこちら

オグショーさん

とある打ち合わせのご縁で、トランポメーカーとして有名なオグショーの小栗社長が泊まり込みで来店されました。

リクエストにお応えできるのか、またどんな商品が出来るのかは大切ですが、作り手が楽しめているのか、ワクワクした気持ちで取り組めているのかも大切なんじゃないかなと考えています。そういた意味でも、ユーザー様を含め色々な方に出会う事も楽しみでありワクワクする要素の一つだと思っています。

(少人数ゆえ、アポなし来店の場合は先約優先で全く対応出来ず、そっけない感じで申し訳ない事も多いですが(^^; )

ありがとうございます☆

商品の購入はこちら

記念すべき取材

ULTIMATE 660GT WORLDと、VIDEO OPTIONに取材していただきました。

詳細は発売&アップまで言えませんが、世界初のFRコペン(L880Kのエンジン縦置き)を制作してから某氏と出会い、「ダイハツFR(大発後輪駆動)」を共に歩み始めてから約13年。

後に定番となり実際にオーダーもいただくようになったエンジン横置きのFR&4WDコペン。そして、LA400Kでは「も。ファク」さんのリフトアップ仕様が好みに嵌った事もあって4WD化&FR化。皆様のお力添えの元、ニッチ過ぎるマイナー路線を突っ走ってきました。


かつてシルビアで10年くらいドリフトしていたので、ただドリフトするだけならシルビアなどのメジャー車種でやった方がパーツもノウハウも多く、車作りも乗り方も比較的ラクだという印象は今でも変わりません。

当たり前です、最初からメーカー純正のFRなんですからwww
シルビアなら全く問題ない「当たり前」の壁に、いつもブチ当たりますwww
シルビアなら問題ない箇所を、一杯壊してきましたwww

が!!

ダイハツFRのノウハウが色々出来てきて、協力関係になっていただいてるお店も増えてきてユーザーさんの理解度も徐々に上がってきて、台数も確実に増えてます。

それに伴ってなのか、ノウハウを聞くだけ聞きだし、まるで私どもに依頼して制作したかのような嘘をついて車両やパーツ販売してる個人(いちおう業者!?)も出てきたりとかもしてたりもしますが。。。

ままま、そんな事もありつつ、これまでの歴史の集大成とも言わんばかりの車種と信用のおける全国各地の協力関係者さんが集まったダイハツFRだけの取材。しかも、まさかあのプロドリフト選手に試乗していただく日が来るとは、感無量でございます。

そして、新たな出会いもあり、長年のテーマが解決に向かうかもしれません。(まだ分かりませんが)

とにかく、色々な意味で感無量でございます(TT)

ありがとうございます☆

商品の購入はこちら

前回の諸事情とは!?

GFRコペンのドリフト続編です。

前回の「諸事情」とは、シェイクダウンで様子見という事と、バトンタッチするまで「アレ」を温存する為でしたが、結果や如何に(^^;)!?

商品の購入はこちら

ダイハツFR(大発後輪駆動)

一定で増殖なんですが、10年ぐらいかかってようやくブレイクスルー!?w

そんな雰囲気を感じます。

久々に懐かしい動画貼っときます。

ダイハツFRのススメ

商品の購入はこちら

GFRコペン

FR化したLA400コペンのシェイクダウンの動画↓です☆

諸事情により今回は「蹴り」を一切使わず恐る恐るの走り。パワーは130PSでかなりピーキーな仕様で(乗り手が下手だった事が一番ですがw)全然上手く走れてませんし、まだまだ全開にはほど遠いですが、ドリ車としてのポテンシャルは相当高く改善点もきちんと判り上々のシェイクダウンでした。

見た目も含めて相当イイ車♪

L710やL880に比べるとメンテナンス性(特にミッションとトランスファーの脱着)が格段に良いってのも最高です♪

続編はこちら!

商品の購入はこちら

ディアゴスティーニと、見た目の印象は「目」が全て!?

創刊号はエンジンパーシャルASSY、

来月号もエンジンパーシャルASSY、

次もエンジンパーシャルASSY、、、

もはや、定期購読並みに毎月届く新品エンジン(^^;

今回も、L880リフレッシュメニュー進めてて新品エンジンへの交換パターンです。

今回のエンジンも色ありました。

ついでに黄ばんできたヘッドライトも、

新品に。

いくらGT-Rとは言え、BCNR33の純正HIDヘッドライトASSY新品(廃盤)が某オクで片側110万円で出品されてたりとトチ狂ってる時代に於いて、片側3万円ほど(ハロゲン)はバーゲンプライス。HIDなら倍以上しますけど、ハロゲン用にLEDバルブ組み合わせる人が最近多いですね。
半年持たないコーティングとかするくらいなら、新品のコスパ半端ないです。

エンジンもそうですけど、マジで今の内でしょう。
これでも以前より値上げしてますから、どんどん値上げしていくでしょう。

はい、見た目も一気に新しい印象になります♪
車が新しく見えるかどうかはほぼヘッドライト(目)が決め手だと思います。

ご依頼、ありがとうございます☆

商品の購入はこちら

SR20 ファンシュラウドの破損

高回転でファンがブレまくり、シュラウドに干渉した穴開き。

(左)破損したシュラウド (右)新品

同じS15でも電ファンの有無で一部形状違ってたりしますね。まあ、加工で済む範囲です。

さて、ウォーポンは最近交換済みでガタも無く今回考えられる原因は3つでした。

1、ファン

元々悪かったのかどうか、破損した今となっては判りませんがw

2、カップリング。

新品に比べると軸に少しガタつきが出てました。
(久々に注文したら5万円くらい)

ガタつきもですが、風量回復にもの凄く効果的なので交換価値はあると思ってます。

3、ウォーポンプーリー

ガッチリ挟み込まれる構造なのでブレとは無縁そうなんですがねぇ。。。ベルトテンション変えてみてもダメで、純正に戻すとピタリと収まりました。耐久性がイマイチなのか、そもそも精度や剛性が出てない「ロゴだけ偽物」なのか。。。

以上で解決しましたが、やはりカップリング新品に変えると明らかに風量が増えてその効果が嬉しい限りです。やはり、知らぬ間に劣化してるんですねぇ。下手に冷却系何やかんや追加する前に、一度カップリング新品をオススメします。

商品の購入はこちら

ドリセン ようやく

コンスタントにご注文をいただくドリフトセンターデフ

ダイハツFRを作る上で必須のセンターデフのロックを、超お手軽にボルトオンで実現可能です。(オイルシール等も付属してます)

ありがたい事に最近は特にご注文が多く生産が追い付かず欠品気味でしたが、ようやく在庫に少し余裕が出てきました♪

購入はこちらから

商品の購入はこちら

LA400 FRコペン 130PS ドリフト仕様

悪魔的忙しさの3月でしたが、4月も大して変わりませんwww
(お待たせしてる案件もあって恐縮です)

前回苦戦しまくったCVTお試しFRとは違って、最初からダイハツFRのノウハウを入れたMTドリフト仕様。

「も。ファク」森本氏と合流してシェイクダウン。

車の様子見ながらなんでまだ安心しての全開走行はしてないものの、相当ポテンシャル高いです♪

要所要所でしか踏んでないものの、新品タイヤも10LAPほどで終了とパワーも必要十分。

それより懸念してた事が現実となり、森本氏にバトンタッチしてからコースイン15秒で走行不能になりました(笑)

しかし、880や710などに比べて作業性の良さからリカバリーも早いし、新世代ダイハツFRの次のステップも見えたので収穫は十分。ルックスも含めて、コレは良いです♪

商品の購入はこちら