ご存じかと思いますが、

車の名義や登録時に必要な住民票、印鑑証明、車庫証明などの手続きは、市役所や警察署などに出向く必要がありますよね。

代行業者さん等にお願いすれば、自分で出向かなくても良い事もありますが、いずれにせよ誰かは物理的に出向いてるはずです。

また、車検の場合でも継続車検時に必要な「納税証明」を紛失している方も多いのですが、

普通(小型)車だとオンラインや陸運局で納税状況を確認出来てそれでOKなので面倒は少ないです。

しかし軽自動車は市町村税という事もあり、紛失している場合は未だに担当地域の市役所で発行してもらう必要がある訳で、時代に合っていないと感じ続けていました。

もしかすると、ようやくこれらが変わる可能性あるかもですね♪

しかも、長らく疑問であるハンコ文化もようやく変わるかもしれない♪

当面の間は日本全体で人口も減り働き手も減るの決定事項な訳ですから、出向く時間や手間が減らせるのであれば、しかも現在のように物理的接触をなるべく減らしたいという事であれば、道理に合っているし嬉しいですね♪

高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)・官民データ活用推進戦略会議合同会議