L880K SSスポーツシフト改

L880KにSSスポーツシフトの取付です。

今回は難あり(^^;

画像の説明
クイックさもですが、任意の位置にレバーを持ってくる事が可能な商品。

純正レバーの位置が遠いと感じている方にはもってこいの優れた商品です。

何度か取付させていただいてますが、

今回は、、、

画像の説明
おや!? 純正レバーの状態で、マフラーのフランジがかなり近い。

画像の説明
そう、社外品のマフラーに交換されているのですが、

マフラーによってはシフトレバーの真下にフランジが来るのです(^^;

画像の説明
SSスポーツシフトは構造上、純正よりも支点から下側が長くなるので、今回は思いっきり干渉して取付不可でした(^^;

一度は諦めたものの「マフラーを加工しても良いので」との事で、再び取付に。

マフラーをブッタ切ろうと思い、改めてマフラーをみると、おや!?

フルチタンマフラーだったのですね(^^;

高価なフルチタン、ブッタ切るのに躊躇して(笑)相談の結果、

SSスポーツシフトを加工する事に。

画像の説明
ハイ、出来ました! チョビっとSSシフト(笑)

本来のショート具合ではありませんが、今回の目的はショート化よりもレバー位置の最適化。

マフラーに干渉しない範囲で加工を施し、プチショートに。

他にも併せ技を駆使して、、、

画像の説明
結果、見事なクリアランスを確保しました♪

画像の説明
ここからは独自ですが、調整位置が決まって本締めしたら、稼動部分のロックナットを全て点付け溶接します。

過去の経験に基く、緩み対策です。

もう一度調整したくなっても、点付けなので溶接部を削って調整可能です。

無事完了し、とても乗りやすくなりました♪