ハイビームインジケータの逆転現象

コペンにYRVメーター(180kmスケール)を移植した場合、そのままではハイビームの点灯パターンが逆になってしまいます(ローで点灯、ハイで消灯)。

抵抗を付替えすれば解決しますが、かなり小さな抵抗なので慣れないと面倒です。
ハンダ付けで熱を入れ過ぎてメーターそのものを壊した事もあります(^^;

エンジンを変えた場合にメーターも合わせて交換する場合が多いのでそこそこ頻度ありますが、今は、切替スイッチを付けてYRVでもコペンでもワンタッチで対応可能にしています。
(YRVに戻す事はまず無いのになぁ(^^;)

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

提出書類は増えていますが

新規検査等届出書です。

エンジンスワップなど改造等で新規検査を受ける場合、改造通知書とは別に、検査を受ける前に提出し決裁をもらう必要が出来た書類です。

第1号様式の「その1」は簡単にダウンロード出来ますが、「その2」は最初戸惑いました。

施行されたのは2019年10月。

お恥ずかしながら、知ったのは後になってからでした。
(通達はあったはずですが、毎月山のように届く資料全てに目を通せてないのが実情です)

年々、提出書類や確認事項が増えてきてる実感があり、昔と同じパターンが通用しなくなって面倒な感じがしますが、それは検査をする側も同じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<以下、一部抜粋>
近年、新規検査等において、多種多様な自動車について、限られた現車検査時間の中で提出書面の確認及び現車の検査を行っている。
また、年々保安基準が高度化・複雑化している現状において、基準の適合性について詳細な確認を必要とするような受検車両について対応が難しくなってきており、書面審査の活用等により、限られた検査時間を維持しつつ、確実な検査を実施する必要がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新旧の様々な車両が入り混じる現代、昔に比べ遥かに項目が増えてる訳ですから、どのルールを適用するのか判別するだけでも一苦労です。

手が足りない、一杯一杯であろう事は現場を見てて感じるところがあります。

ですので、

「複雑化して以前より時間がかかる案件が増えているのに(人口減からしても)人手が増える可能性は低く現場の負担は増大、となるとなるべく自動化できるものはしたいし、申請者側にも以前より負担を負ってもらいたい」

と捉えると、この話も自然だと思います。

今の流れだと、自動運転レベルが「2→3」に上がるタイミングが、大幅に複雑化を加速させるタイミングとなる気がします。

2次元バーコードを作成(必要項目を入力すれば自動的に生成されるんですが)したものを提出するなんてのも、
現代ならではですね。

ご依頼、ありがとうございます。

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

ダイハツMTのシフトを「ロッド→ワイヤー」へ変更

前々から気になってたシフトロッドのワイヤー化です。

L700の頃以降のダイハツMTはロッド式が多数。

コペンも880はロッド。

しかし、LA400はワイヤー。

乗用タイプじゃL500系以来ですかね!?

ロッド式のレバー周り
ワイヤー式のレバー周り

意気揚々も束の間、

あっ!! センターコンソール付かんやんw

考えてなかったw

この車の場合LA400用じゃお話にならないし、考えますw

という感じで、ロッドに比べると室内側のスペース使います。

ロッド式
ワイヤー式

逆に腹下は小スペースで済むんで、マフラーとのクリアランスが超余裕に♪

比較画像の角度真逆ですみませんw

あ、もちろんMT本体も交換



操作フィールは好みが分かれそうですが、

何と言ってもロッド式特有の、コントロール(C)ロッドのジョイントがガタついてきたらレバーがグラグラになったり、シールがダメになったらオイル漏れするのから解放されるのが良いですね♪

Cロッド(シール含む)の交換にはMTバラし必要なんで、結局それだけじゃ勿体無いとついでにあれこれコースになるキッカケでもあるんですがw

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

新品ミッション

リフレッシュなどに。

車種とグレードによりますが、ヘタにO/Hするより安い価格。

普通車に比べれば軽いので助かります。

レリーズベアリング、レバー、スプリングなども全て新品♪

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

左ハンドルの、K3-VE→K3-VE2 – プロバイルblog – PROVILE

ドイツ仕様の左ハンドルのコペンのVE2化です。

ジワジワと増えている輸出仕様の入庫ですが、
ノーマルのエンジンはK3-VE。

画像の説明
同じNAなら、やっぱりVE2にしたくなると言うもの。

画像の説明
お、珍しいエキマニが付いてますね♪

画像の説明
ほぼ同じエンジンでポン付けで動きそうに見えますが、ハーネスやカプラーがチョイチョイ違ってます。

ECUのカプラーも違い、加工するかワンタッチ中間ハーネスを製作するか。

今回は加工でとの事で。

パーツ代次第だと思いますが、元々のVEにパーツを組み込んでVE2化するか、VE2に載せ替えしてしまうか、どっちが良いんでしょうね(^^

それにしても、やっぱコペンの左ハンドルは良いなぁ(^^

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

輸入仕様コペンのハーネス加工 – プロバイルblog – PROVILE

輸入仕様のコペンに国内エンジン載せでハーネス加工です。

画像の説明

前回はカプラーオンのハーネスを製作でしたが、

今回は直加工です。

ありがとうございます☆

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

EF-SE → EF-VE – プロバイルblog – PROVILE

久々に「EF-SE → EF-VE」への載せ替え依頼をいただきました。

ターボ化みたいな大幅なスペックアップはしないものの、個人的には結構好きなバージョンアップです。

EF-SE

  • 最高出力 45ps(33kW)/6400rpm
  • 最大トルク 5.6kg・m(54.9N・m)/3600rpm
    (※L800Sの場合)

EF-VE

  • 最高出力 58ps(43kW)/7600rpm
  • 最大トルク 6.5kg・m(63.7N・m)/4000rpm
    (※L800Sの場合)

市場に多く出回っているエンジンで、(現在の)市場価格の割に13psアップって結構オイシイと思います☆

EFどうしなんで公認車検も要らないし(^^

ただ、ボロいのも多いしVVTトラブルの懸念もあるんで、程度によっては逆に高くつくかもしれませんね(^^;


画像の説明
言わずとしれたSE!!

画像の説明
サクっと取外し。

エンジンルームがスカスカなので、コペン等に比べると格段に作業しやすくてラクです。

画像の説明
こちらが今回ご用意させていただいたVE。

タイベル、ウォーポン、パッキン等交換して積みます。

パワステやA/Cコンプレッサやラジエターホース等、SEとは意外と細かい所が違ってて、どっちをどう使うかで作業内容や必要部品がそこそこ変わります。

画像の説明
エンジンハーネスも触って、一発始動♪

乗ってみると、

おお~♪ 

良く走るようになって、快適快適♪

ご依頼、ありがとうございます☆

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

やっぱりなwww

点く思ててん、お前さんwww

んで、走りの方もスポイルする。

画像の説明

ままま、現行車イジくるて、

ホンマ色々大変ですねん。

納期も時間も価格も不明。

嫌やったら、やらん方が良いですよ、ホンマに。

7〜8割出来たら大成功♪

後は細かい事は時代が解決しますわ。

軽自動やから安く済むとか、

そ〜ゆ〜概念じゃやらん方が良いです。ホンマに。

通用しません。

価格は決して高くなんか、ありません。

むしろ、安いくらいですわ♪

けど、そのくらいの覚悟でやったら、

今の時代でも、これからの時代でも、

色んな選択肢の幅が広がるんちゃうかなという、

希望ですねん♪

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

L880KのMT化と、余談。 – プロバイルblog – PROVILE

ずっとオーダーが切れないご依頼の一つが「L880KのMT化」です。

本日も1台納車させていただきました。

正直、プロバイルより高い制作スキルを持つお店や個人の方は多いと思います。

中古価格がこなれてきたL880Kなら、MT車を買う方が金額的に安い事も多いです。

しかし、それだけではない理由でご依頼いただいているのかもしれませんね。

ありがたいです♪

さて、画像が多すぎるので、今日は車検証だけ。

L880K改

例に漏れず、記載変更検査でイケる内容ですので、
車検を切る必要はありません(条件はあり)

そして今は、車検証に誰が(どの形態で)車検を受けたのか分かるように記載される時代です。

プロバイルの場合は認証工場ですので、備考欄に「認証工場」の文字が記載されます。

民間車検工場なら、「指定工場」とか。

小型車、普通車などでは、工場のコードまで記載されるので、具体的にどの工場で受けたかまで分かるのですね。

ユーザー車検の場合は、、、

受けた事ないので知りませんw

が、

認証工場と指定工場以外は、お金をいただいて該当する分解整備をする事は法に触れます。

  • ドライブシャフトやプロペラシャフトの脱着
  • エンジン(ブロック)の脱着
  • ミッションの脱着

を始め、

  • タイロッドエンドの脱着
  • キャリパーの脱着

もNGです。

これなら、ブレーキ・パッドの交換もNGという事になります。

(しかし何故か技術的には比較的難しい、シリンダーヘッドの脱着はOKという不思議w)

指定や認証なしで出来る代表的な有料作業と言えば、
タイヤ交換、オイル交換、シート交換、ワイパー交換、ヘッドライト等のバルブの交換、バンパーやボンネット等の交換とかぐらいでしょうか。

これは、ウデが良いとか悪いとかの話ではなく、有料で作業をするお店として免許があるかどうかの話です。

「無免許運転か、そうでないか」

ですね。

昔は関係なかった鈑金屋さんも、修理の際に該当箇所を脱着する比率が高いため、認証資格(鈑金用のもあります)を取られているお店が増えました。

プロバイルはもちろん、免許ありますので(^^)

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら

K3-VE2公認 – プロバイルblog – PROVILE

オートメッセ明け一発目から、

画像の説明
880コペンにK3-VE2スワップ公認車検☆

先月に搭載して車検待ちでした。

画像の説明
いつものパターンなのでもう慣れてますし、

窓口の職員さんも同じ人なら慣れてますが、

窓口の職員さんが慣れてない人に変わると、、、

「コレ、軽自動車なので軽自動車検査協会の方に行ってください」

となります(^^;

「あー、あー、大丈夫、小型(普通)車になるからコッチで大丈夫です。重量税も自動車税もコッチになるんで。」

といちいち説明するパターンですw

もし、言われるがままに軽協に行くと、

「これは普通(小型)車になる内容なんで、普通(小型)車の方に行ってください」

また軽協に行ってください→普通車の方に行ってください→エンドレス

の往復ビンタを喰らうハメになりますw

それにしても、VE2さらにタマ数減って高くなってますね〜。

ムック本に載せてもらった頃のような価格では、出来なくなってますね~

車種別
コペン(L880K)
コペン(LA400K)
ミラトコット(LA550S系)
ミラ(L275S系)
ミラジーノ(L650S系)
ミラ/ジーノ(L700S系)
ムーヴラテ(L550S系)
ムーヴ(L150S系)
オプティ(L800S系)
ストーリア(M100S系)
ブーン(M300S系)
ハイゼット(S500P系)
用品別
ダミーローター
ダイハツFR化パーツ
デフマウントカラー
VETECマスター2
CBC
ホーンボタン
その他
車検・整備・鈑金
公認車検
L880Kリフレッシュ
ダイハツFR
エンジンスワップ
製作車例
中古車
商品の購入はこちら