FD3S アフターファイア

車検のご依頼ついでに、アフターファイアに悩まされてるとのFD3S。

走行距離は購入されてから12万km。

某デーラーさんでは、「この不調はエンジン載せ替えですね、、、」と言われているらしく。

まあ、ほとんどそんな必要ないケースが多いですが、

原因次第ですね、、、。

「ロータリーはほとんど経験ないんで、解決出来るかゼンゼン分からないっすよ〜♪」

ってノリで入庫。

乗ってみると、家に帰るのも恥ずかしいくらい極低速で「パンパンパンパン、、、」と酷いアフターファイアwww

ネットで調べてみると、出るわ出るわFDのアフターファイア関連のネタw

ググっててみると、FDではスロットルセンサーがそろそろお亡くなりの頃合いらしい。

画像の説明
診断器だけじゃ判断できないものの、スロセンは交換暦もあり、大丈夫な数値。

数値は基準値内でもNG案件もしょっちゅうっすけどねw

中村屋さんというお店の記事にたどり着く事が多く、
中村屋さんのブログに関心感動しまくりました☆

ウチは、とてもそこまでの姿勢じゃないな〜と、尊敬です☆

画像の説明
さて、このスロセン。

廃盤や再販を繰り返してる!?

非分解構造。

かつ、接点など構造が弱々しい。。。

今回問い合わせたら廃盤でした。

こんな重要かつ比較的安いモンくらい出してよね〜♪

が!!!

原因が何であれ、内燃機関の好調の秘訣の基本中の基本、

「良い混合、良い圧縮、良い点火」

電気自動車蔓延る現代でも、未だこの基本は変わらないはず。

と思い何日間か調べてると、、、

うふ♪

発見♪♪♪

エンジン載せ替え数十万〜百万コースが、

数千円で済みました♪♪♪

13万km越えですが、絶好調になりました♪